「最近の若いもんは・・・。」って?

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

ニューアライアンス高橋です。
その時その時に感じたことを書いていきたいと思います。

Chuck Hagel appears before Seante on hisn omination to become Secretary of Defense
同年輩の方とお話しすると「最近の若者は言われたことしかやらない。」という意見を聞くことがよくあります。
私は、この意見は一面正しいが、一面では正しくないと思っています。
ではこの意見のただしくない面とは何か?
大きく言って、その理由はみっつあります。

まず、ひとつめ。
私自身、35年ほど前に
「最近の若者は言われたことしかやらない。」
と言われたことがあります。
つまり「今」の若者だけではなく、「昔」の若者もそうだったということ。

そしてふたつめ。
若者ではない人にも「言われたことしかやらない」人はたくさんいること。
それどころか、酸いも甘いも噛み分けるようになった40歳以上の人になると
言われてもいろんな理由をつけてやらない人がなんと多いことか。
できない理由作戦を巧みに展開される巨匠さえいらっしゃる。

みっつめは、
「最近の若者は言われたことしかやらない。」という意見が
なぜ出てくるかにあると思っています。
このご意見を言われる方は往々にして部下を持っていらっしゃる方が多い。
つまりある程度の地位におられる。
では、なぜある程度の地位につけたかを考えてみるといい。
こういう人は若い時から「自らやる」人だった方が多いのではないか。
だから現在の地位にいらっしゃるのではないかと思うのです。
そしてそういう人は若い時のご自分と比べて最近の若い人のことをおっしゃっているのではないかと思うのです。

これが「最近の若者は言われたことしかやらない。」が一面では当たっていないと考えるみっつの理由です。

会議に参加すると年齢に関係なく「言われないとやらない人」は必ずいます。
それどころか、やっていない理由を延々と述べられる人もいます。
何をやるかを約束されない人も実に多い。
こういう人は自論に酔っていらっしゃる方が多い。
周りのほとんどの人たちが退屈していることに気づきません。

smile-625844_640
私は最近の若い人たちには常識にとらわれずに何でもやってみる人、自頭が良い人が昔と比べて実に多いなと感じています。
何をやるかを明言し、できなかったら潔く認め次の課題に取り組む若い人をたくさん知っています。

Johnny_Brown_Laugh-In_1971
一方、60歳を超えた人たちにも、やりたいことをやるさと人生を謳歌されている人も多い。

どうしてセカンドライフでは自由に行動できるようになるのかな、と考えてみると。
みんな、仕事をやっているうちに「自らやらない人」にさせられたのではないかと思うようになりました。
そして仕事、会社から解放されて本来の自由に行動できる自分に戻れたのではないかと思うのです。

つまり「最近の若者は言われたことしかやらない。」ことにしてしまっている原因は「年長者」たちの教育と態度にあるのではないかと思っています。

私自身が「自らやらない人」を作り出さないよう気をつけたいと思うこの頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です