電子たばこのお話

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

こんにちは、ニューアライアンスのきなこです。

私は愛煙家なのですが、先日紙巻たばこからiQOS(アイコス)という電子たばこに変えました。
まだ使い始めて日は浅いのですが、今回は使用してみての感想や気付いたことなど書いていこうと思います。

アイコスってなに?

こういうやつです。

IMAG0044

デザインがシャレててかっこいいです。

最近コンビニでよく見かけるようになりましたね。
レジ横などの目立つ位置に置いてあったりするので、愛煙家は気になっている方も多いのではないでしょうか。

一般的な電子タバコとの違い

一般的な電子たばこ

→リキッドを加熱して発生した蒸気を吸引する

アイコス

→たばこ葉を加熱して発生した蒸気を吸引する

リキッドではなく本物のたばこ葉を加熱しているので、
普通のたばこと同じような満足感・吸った感があります。
公表はされていませんが、恐らくニコチンも入っていそうなので、普通のたばこ吸いたい!みたいな禁断症状にはならないです(個人差はあるかもしれませんが。。

位置的には普通の紙巻たばことリキッド式の電子たばこの中間くらいのイメージですかね。

使い方

細かいことまで書くと長文になってしまいそうなのでざっくり書いておきます。

1.ケースにパイプを収納しパイプを充電
2.充電がおわったらパイプをとりだし、ヒートスティックというフィルターをパイプにさす
3.パイプの電源をONにして吸う

ケースのバッテリーには20本分の充電をしておくことができるのですが、パイプには1本分※の充電しかできません。
なので、使わないときは常に1本分の充電をケースに入れてパイプにストックしておき、吸いたくなったらケースから取り出すといった感じです。
立て続けに吸いたい方にはちょっと面倒くさいかもしれません。
ちなみに味は焼き芋みたいな味です(銘柄によって)

※1本分の目安→14回吸引or6分間のどちらか

ヒートスティック

パイプに刺して吸うフィルターです。

IMAG0043

画像右が普通のたばこで左がヒートスティックです。
普通のたばこと比較するとかなり短くてコンパクトですね。

このヒートスティックの銘柄は今のところ4種類出てます。
一応既に一通り試したので、自分のおすすめ順で簡単に紹介していきます。

1.レギュラー

たばこ感:★★★
焼き芋感:★★★
メンソール:☆☆☆
一番たばこを吸ってる感じがするので好きです。
ただ焼き芋みたいなにおいと味が一番強いので、慣れるまでに時間かかります。

2.ミント

たばこ感:★★☆
焼き芋感:★☆☆
メンソール:★★☆
程良いたばこ感とメンソールがあるので、
ちょっと気分変えたいなって思ったときに吸ってます。

3.バランスドレギュラー

たばこ感:★★☆
焼き芋感:★★☆
メンソール:☆☆☆
レギュラーをライトにした感じです。
最初は吸った感があるので良いのですが、
後半がスカスカになってくるので、個人的にはちょっと物足りないです。

4.メンソール

たばこ感:☆☆☆
焼き芋感:☆☆☆
メンソール:★★★
メンソールそのもの。
煙は出ますがメンソールが強すぎて、たばこ感・焼き芋感がかき消されます。
ちょっと自分には合わないみたいです。

メリット・デメリット

メリット・デメリットと言ってもたばこ自体吸わないにこしたことはないので、
普通の紙巻たばこと比較してという呈でまとめてみました。

メリット

・体に害が少ない
正式に公表はされていませんが、紙巻たばこと比べると害は90%OFFだそうです。

・火事の心配なし
アイコスはヒーターでたばこ葉を加熱しているだけで、直接ライターなどで火を使い燃焼させているわけではないので、たばこの火による家事の心配はありません。

・服などに臭いがつかない
タール(ヤニ)が入っていないので、副流煙が出ません(煙っぽいのが出るけど副流煙ではなく蒸気)
なので部屋の中で吸っても壁が黄ばむようなこともありませんし、周囲の禁煙者にも気を使わなくて済みます。

・ライターや灰皿などの必要がない
吸い終わったヒートスティックは取り外して可燃ゴミとしてそのまま捨てることができます。
また、直接火を使わないのでライターを持ち歩く必要もありません。

・カッコイイ
アイコス本体にしろヒートスティックの箱のデザインにしろムダにカッコイイです。
あと個人的に好印象だったのはWebサイトもカッコよかったというところですかね。

デメリット

・高い
アイコス本体が約¥10,000とちょっとお高いです。
ただ、今キャンペーンで¥4,600のキャッシュバックがついてくるので実質は¥5,000ちょいくらいです。
ちなみにヒートスティックは普通のたばこと同じ本数で同じ値段なので、本体代の出費を許せるかどうかですね。

・めんどくさい
紙巻たばこと比べると吸うまでに一手間かかります。
少し使えばすぐ慣れますが、細々とした作業が苦手という方にはちょっと厳しいかもしれません。

・かさばる
アイコス本体がそれなりに重くてサイズも大きいです。
また常にアイコス本体とヒートスティックの箱を持ち歩かなければいけないので、
普通のたばこ(たばこの箱とライター)のセットと比べるとかさばります。

・結局はたばこ
煙がでないからといってどこで吸っても良いわけではありません。
結局はたばこなので普通のたばこと同じで喫煙OKの場所でしか吸えません。

最後に

個人的には今のところかなり満足してますが、
1点後悔してるのが、アイコス本体のカラーを黒ではなく白にしてしまったこと。
(白だとちょっとしたよごれが目立つんです。)

まだ使い勝手の部分、初期コストの部分などで改善点はいっぱいあると思います。
なのでこれからどう発展していくのか楽しみですね。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です