ソースの暖簾分けと合併 ~ブランチとマージ~

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

どうも! ニューアライアンスのふったーです。
最近は暖かくなってきましたね。ニューアライアンスがある、ここ六本木、西麻布も春満開です。

さて、今回はGitのブランチとマージについてご紹介致します。

そもそも横文字の苦手な私はブランチ?マージ?と全くイメージが持てません。
そもそもどんな意味なのでしょうか・・・

ブランチbrunch)とは・・・

枝、支流、支店、支線、分岐(する)、などの意味を持つ英単語。
一般の外来語としては、企業などの支店・拠点のことを指す場合が多い。

ITの分野では、木のような枝分かれした関連構造(ツリー構造)を持つデータなどの集合において、ある途中の要素から終端の要素までの一本の要素の並びをブランチという。木の枝になぞらえた表現である。
特に、
ソフトウェアソースコードバージョン管理などにおいて、主流の系統から枝分かれした別の系統のコード群のことをブランチという。
この場合、主流となっている系統は「
トランク」(trunk:幹)と呼ぶ。
IT用語辞典より

 

マージmerge)とは・・・

マージとは、融合する、併合する、合併する、混合する、結合する、統合する、などの意味を持つ英単語。ITの分野では、複数のファイルデータプログラムなどを、決められたルールに従って一つに統合することをマージということが多い。

また、プログラミングソフトウェア開発の分野では、バージョン管理システムなどで管理している開発中のプログラムなどに、新たにコードを追加したり、修正を反映させたりする操作をマージということがある。
IT用語辞典より

なんとなく
ブランチはレシピの暖簾分け
マージは合併
というイメージを持ちました!

では実際にブランチを作ってマージしてみたいと思います。

まずはブランチを作ります。
ブランチを作る。名前を決めて、ブランチを作成ボタンをクリックします。

ブランチが作られました!
ブランチを作りました。今度はブランチを作ったよー!と本家にも伝えないといけません。
そのため作成したブランチをプッシュします。
ブランチをプッシュこれで暖簾分けは完了しました!

では作成したブランチのファイルを更新して、コミットしてみます!
作成したブランチを更新しました。
あれ、見た目はそんなに変わらないように思えますね・・・

ではブランチを本家(マスターブランチ)に変更してファイルを更新してみます。
ブランチの変更は簡単です。
ブランチ一覧からクリックするだけで切替が出来ます。
ブランチが増えてくると非常に便利になってきます。

ブランチを本家に変更して更新してみると・・・

コミットしようとしたら

Σ(゚Д゚)

なにかピョッと枝が出てます!

ブランチを作り、作ったブランチで作業をしていれば誰がどのファイルのどこを編集しているかを確認することが出来ますね!

では次にマージを行います。
上部メニューのマージをクリックして作業したファイルを選びます。

マージOKをクリックすればあら不思議!
同じファイルを編集していても両方の作業が反映されています!

もし、同じ場所を編集してしまっていても同じ場所を編集してしまっていますよとお知らせしてくれますので安心です。

個人で使うのもいいですが
うまく使えばプロジェクトチームで同じファイルを同時並行で作業できるのです!

では次回最終回! 「私が使っていて困った!こんな時どうするの?」です。

色々と試して実験してどのように使えば使いやすいかを社内で統一するととても作業が捗りますね。

使ったこと無い方もまずはわからないなりに触れてみてはいかがでしょうか?

投稿者:

ふったー

体育会系からITの世界へ 楽しく、元気いっぱい学んだことをアウトプットしていき、理解を一層深めていきます。 日々精進あるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です