Photoshop小ネタ 手書き風加工

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

こんにちは。ニューアライアンスのきなこです。

今回はPhotoshopでアイコンやイラストを簡単に手書き風にする方法をご紹介したいと思います。

1.素材の用意

手書き風にする元の素材を用意します。
ここは自力でお願いします。カラー、モノクロなんでもOKです。
今回はサンプルでこのアイコン素材を使ってみたいと思います。1

2.手書き風のテクスチャ作成

新規でドキュメントを作成します。
ドキュメントのサイズはアイコンのサイズにもよりますが、大体500px×500pxもあれば事足りるかと。
1)先ず、1つレイヤーを追加して黒(#000)でベタ塗りします。
2)次にこのレイヤーに対して「フィルター>ノイズ>ノイズを加える」を選択し、400%・均等に分布・グレースケールノイズでフィルタを適用します。
3)続いて「フィルター>ぼかし>ぼかし(移動)」を選択し、角度は45度、距離は20px程度で適用して、斜めの線を作ります。
4)仕上げに「フィルター>シャープ>シャープ(強)」でテクスチャは完成です。2

3.テクスチャの適用

(2)で作ったテクスチャを元素材の1つ上のレイヤーに移動。後はレイヤーパネルの方でテクスチャとアイコンの間をalt+クリックすれば完成です。素材がカラーの場合は、テクスチャレイヤーの描画モードを乗算、焼きこみカラー、ビビッドライトあたりにして、あと不透明度少し落とすなどしてなじませてみてください。3

ワンポイントアップ

ベースのアイコンのレイヤーに対して「フィルター>ピクセレート>水晶」を選択し、セルの大きさを3px~6pxくらいで適用してあげると縁がフニャフニャになり、手書き感が増します。4

こういう小ネタはしばらくやらないとやり方ど忘れするので、自分自身の備忘録も兼ねて今後いろいろ書いていこうかなと思ってます。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です