WWDC2016の発表をおさらいする

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

ニューアライアンスのすたっふSです。
今回は、Appleの開発者向けイベント「WWDC16」が先週の6月13日〜17日(米国時間)に開催されましたので発表のおさらいです。
特にわたしたち開発をする人間にとって秋以降どのようなOSが登場するかを発表される場となるのがこのWWDCです、13日の基調講演は特に注目することになります。

3つのキーワードをおさえる

今回のWWDCで注目すべきキーワードは次の3つでしょう。

  • macOS Sierra
  • iOS 10
  • Siri

ここから、各キーワードについて掘り下げたいと思います。

「OS X」から改名した「macOS」

15年前「OS X」がリリースされ、今日「OS X El Capitan」まで多くのバージョンが積み重ねられてきました。そのMac OSも新たに「macOS」となります。
最近のAppleは「○○OS」が好きなようでMacもこの流れには逆らえなかったようです。

computer_man

iPhone、iPad、AppleWatchと連携するContinuity、iCloudの強化などを中心に機能の強化が行われます。
また、iPhoneやiPadではおなじみとなったSiriもmacOSに搭載されるとのことでさらにコンピューターに話すという操作が本格化するでしょう。
すでにGoogle音声検索はスマートフォン以外でも対応していますし、MicrosoftのCortanaはWindows10で標準機能となりました。
Siriが実際どこまで使えるのか、正式なリリースが非常に待ち遠しいです。

 

標準アプリも消える!さらに変わる「iOS 10」

kaden_smartphone

iOSもとうとう10まで来ました。
UIも少し変更され、ロック画面はホームボタンを押してロック解除になりました。
これまでの定番だった「スライドしてロック解除」がなくなりました。
確かにTouchIDの普及であまり、スライドしてロック解除することはなくなったので当然といえば当然の変更かもしれません。

また、今まで削除することができなかった標準のアプリにも削除ボタンが表示され画面上から消すことが出来ます。ボイスメモやPodcastなど使う機会が殆ど無いが居座り続けるアプリもすっきりします。
完全削除ではないようで、動作としては非表示にしているような挙動ですが画面上に必要な物だけ配置できるので使い勝手は向上しそうです。消したアプリもAppStoreから復活できますので使いたくなった時も簡単に戻せます。

開発者向けにはこれまでAppleしか使うことの出来なかったプラットフォームが一部開発者向けにも開放されます。地図アプリやメッセージアプリなど、これまでアクセス出来なかったプラットフォームにも開発者がアクセスできるようになるのは、今後のアプリのカタチを変えていくキッカケになるかもしれません。

 

さらに出来るようになる「Siri」

SiriはこれまでiPhoneやiPadなどでしか使うことが出来ませんでしたが、前述の「macOS」にも搭載されることによりパソコンでも使えるようになります。

Siriもまた開発者に開放されることになり、Apple以外のアプリでもSiriを利用することが可能になります。
自分の作ったアプリの操作もタップだけでなく、会話で行うことが出来たり、アプリ内の検索をSiriで実行させたり…etc。
いずれにせよ、優秀な秘書機能をApple以外のアプリで使えるようになるのは面白い試みかもしれません。

 

秘密の扉をすこしずつ開けてきたApple

頑なに自社のプログラムを利用させないようにみえたAppleですが、Siriの開放などみるに業界全体のオープンソースに対するポジティブな流れに影響されている感がいなめないと個人的には思ったところです。(個人的にオープンソース派なのでかなり偏見があるかもです。)

実際のリリースは秋ごろの9月〜10月。それまでにどこまで磨き上げられたものが出てくるのか、今から楽しみです。

 

今回のページ中のイラストはいらすとやの素材を利用させていただきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です