まだ間に合う!9月以降の花火大会スケジュール

ニューアライアンスのふったーです。

もう夏も終わりに近づいてきましたね。
今年の夏はとても短かったように感じます。

ところで夏と言ったら!の一つに花火大会があります。
今年の墨田川花火大会は雨も降らずに開催できて良かったですね

私は家からテレビ中継を見ておりましたからあまり関係ありませんけど・・・

やっぱり花火は間近で迫力を感じながら見るのが一番ではないでしょうか

「でももう花火大会はないでしょう」と思っているあなたに朗報です!

まだまだ見に行ける東京近郊、9月以降の花火大会についてご紹介致します。 続きを読む まだ間に合う!9月以降の花火大会スケジュール

私がソースツリーを使っていたら突然のエラー!こんな時どうするの?

どうも! ニューアライアンスのふったーです。

日差しが強くなり暑くなってきました。もう夏!ですね。
六本木ヒルズのおかげで六本木駅からニューアライアンスまでの道は避暑地になっているので安心です。

さて、今回が最後となってしまいました。
前回のソースの暖簾分けと合併 ~ブランチとマージ~ではより実用的に使えるようになりました。
複雑ではないプロジェクトなら問題は無いと思います。

今回のテーマは
「私がソースツリーを使っていたら突然のエラー!こんな時どうするの?」です。
より複雑なプロジェクト進行や複数人で使っていると色々とエラーが発生することが有ります。

続きを読む 私がソースツリーを使っていたら突然のエラー!こんな時どうするの?

ソースの暖簾分けと合併 ~ブランチとマージ~

どうも! ニューアライアンスのふったーです。
最近は暖かくなってきましたね。ニューアライアンスがある、ここ六本木、西麻布も春満開です。

さて、今回はGitのブランチとマージについてご紹介致します。

そもそも横文字の苦手な私はブランチ?マージ?と全くイメージが持てません。
そもそもどんな意味なのでしょうか・・・

ブランチbrunch)とは・・・

枝、支流、支店、支線、分岐(する)、などの意味を持つ英単語。
一般の外来語としては、企業などの支店・拠点のことを指す場合が多い。

ITの分野では、木のような枝分かれした関連構造(ツリー構造)を持つデータなどの集合において、ある途中の要素から終端の要素までの一本の要素の並びをブランチという。木の枝になぞらえた表現である。
特に、
ソフトウェアソースコードバージョン管理などにおいて、主流の系統から枝分かれした別の系統のコード群のことをブランチという。
この場合、主流となっている系統は「
トランク」(trunk:幹)と呼ぶ。
IT用語辞典より

 

マージmerge)とは・・・

マージとは、融合する、併合する、合併する、混合する、結合する、統合する、などの意味を持つ英単語。ITの分野では、複数のファイルデータプログラムなどを、決められたルールに従って一つに統合することをマージということが多い。

また、プログラミングソフトウェア開発の分野では、バージョン管理システムなどで管理している開発中のプログラムなどに、新たにコードを追加したり、修正を反映させたりする操作をマージということがある。
IT用語辞典より

なんとなく
ブランチはレシピの暖簾分け
マージは合併
というイメージを持ちました!

では実際にブランチを作ってマージしてみたいと思います。

まずはブランチを作ります。
ブランチを作る。名前を決めて、ブランチを作成ボタンをクリックします。

ブランチが作られました!
ブランチを作りました。今度はブランチを作ったよー!と本家にも伝えないといけません。
そのため作成したブランチをプッシュします。
ブランチをプッシュこれで暖簾分けは完了しました!

では作成したブランチのファイルを更新して、コミットしてみます!
作成したブランチを更新しました。
あれ、見た目はそんなに変わらないように思えますね・・・

ではブランチを本家(マスターブランチ)に変更してファイルを更新してみます。
ブランチの変更は簡単です。
ブランチ一覧からクリックするだけで切替が出来ます。
ブランチが増えてくると非常に便利になってきます。

ブランチを本家に変更して更新してみると・・・

コミットしようとしたら

Σ(゚Д゚)

なにかピョッと枝が出てます!

ブランチを作り、作ったブランチで作業をしていれば誰がどのファイルのどこを編集しているかを確認することが出来ますね!

では次にマージを行います。
上部メニューのマージをクリックして作業したファイルを選びます。

マージOKをクリックすればあら不思議!
同じファイルを編集していても両方の作業が反映されています!

もし、同じ場所を編集してしまっていても同じ場所を編集してしまっていますよとお知らせしてくれますので安心です。

個人で使うのもいいですが
うまく使えばプロジェクトチームで同じファイルを同時並行で作業できるのです!

では次回最終回! 「私が使っていて困った!こんな時どうするの?」です。

色々と試して実験してどのように使えば使いやすいかを社内で統一するととても作業が捗りますね。

使ったこと無い方もまずはわからないなりに触れてみてはいかがでしょうか?

ニューアライアンスがある町はどんなところ?

どうも~ ニューアライアンスのふったーです。

さて、今回はニューアライアンス株式会社がある六本木、西麻布のご紹介をしたいと思います。

皆さん知っていましたか?
江戸時代の六本木町は武家屋のお屋敷町でした。
そして麻布、日が窪はあの徳川家兵法指南役、柳生但馬守宗矩(やぎゅうたじまのかみむねのり)が住んでいた町でもあります。
著吉川英治 宮本武蔵にもこの話が出てきており、伊織が宗矩低へお遣いに行くために駆け回っていましたね。


その流れを汲んでなのでしょうか?

六本木明治時代からの六本木は軍隊の町でした。
明治時代、陸軍の歩兵一連隊と三連隊が置かれてから、兵隊の暮らす町として発展していき、昭和11年(1936)の2・26事件の時には、この歩兵一連隊と三連隊が主役をつとめたそうです。とくに日清、日露の戦争を通して六本木は、兵隊の町としての色彩を増していったとのこと。
終戦後アメリカ軍の町に一変し、米軍相手のさまざまな店がつくられるようになりました。
現在、六本木は外国人が多い町として知られていますが、終戦後のアメリカ軍の駐留が発端のようですね。

そんな中、はじめに臆することなく店にやってくるようになったのは、それまで米軍基地で演奏していたジャズメンだったそうです。
それに続いて金持の若者たちが「アメリカ」のイメージに惹かれて来るようになり、昭和34年には、米軍施設が日本に返還され、防衛庁に移りました。
また、この年には、日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)が六本木に出来たことによって、テレビ関係者や芸能人、さらに芸能人を追う若者たちが集まり、日本の若者たちの時代が始まり今日の賑わいに繋がっているようですね。

今回、自分に関わっている町について調べてみて、過去を知ると今現在の状況になっている理由が見えてくることが分かりました!

六本木の夜景Gitも同じで今現在の状況になるまでの過程がしっかりと見えるからなんで間違えたのか、良かったのかの比較ができるのです。
よく過去のコミットを見ると結構雑なコメントやタイミングでのコミットが目立ってしまって
「うわーこれじゃ他人が見た時にはわからないだろうな」と思うことが多々あります。

細かなコミットの積み重ね 面倒でもこまめにすることで後が楽になるかもしれません。

では次回こそは『ソースの暖簾分けと合併 ~ブランチとマージ~』をご紹介!いたしますね。

参照元

ラクティブ六本木:RACTIVE ROPPONGI 
http://www.ractive-roppongi.com/index.html